Press "Enter" to skip to content

A型事業所は学校である

はい、アスペブロガーのいそっぷです。

A型事業所は学校である。」

について語りたいと思います。

僕が通っている一事業所だけの話になるので、他は違うかもしれません。
その点ご了承ください。

お金をくれる学校

A型事業所は軽度の障害を持った方が通う障害福祉サービスのひとつです。
就労経験を積んで社会復帰を狙う人向けです。

就労する。
つまり働くので、時給が発生します。
時給はその県の最低賃金となります。

1日の就労時間は4時間、休み時間は90分。
休み時間長くね!?とお思いの方、ご安心を。
僕も長すぎだろって思ってます。

内訳は午前15分、お昼休み60分、午後15分。

仕事の種類

これは事業所によってかなり変わると思います。

僕の通うところでは、内職のような軽作業(シール貼りとか)やPC作業、派遣のような倉庫作業などを主にやっています。
あとハンドメイドとかもやっていますね。

日直

日直という制度があります。
学校の日直とやること大して変わりません。

「今日の欠席者は〇〇さん、遅刻と早退はありません。今日の作業はAはPC、Bはハンドメイド…」

といったことをみんなの前にあるホワイトボードの横で喋ります。

まさにやってることが学校と同じですよね。
別に否定的に考えてはいませんが、面白いなと思ってます。

掃除の時間がある

え?って思う人いますかね、いるでしょう。
僕もそう思います。

何それって感じ。
僕らがやるの?って

お昼休みの後に15分程度、事業所内を掃除します。
クイックルやコロコロ、掃除機、窓拭き、トイレ掃除とかやります。

昼飯

昼飯は自由です。
給食ではありません。ご安心を。

僕はいつもコンビニでおにぎりを買い込んで出勤します。
出勤というか出所?
会社じゃなくて事業所なので出所があってるかな。

勤務日数

月の休みは8回です。
祝日とかある月だと土曜日も出勤することが度々あります。
というか週6連勤当たり前って感じです。

なぜそうなってるかについては理由がちゃんとあって、給料が低くなりすぎないように配慮されているためです。
事業所に通う人で裕福な方はほとんどいません。
なので少しでも給料を高く維持するために休みが削られてます。

まあ僕の場合は、昼の2時半に就労が終わるので週6でも平気です。
毎日10時間ぐらい寝てます。

給料

大体7〜8万円と考えてもらえればいいと思います。

学校に通うだけで金がもらえるんだと思えばなかなかですね。

今回、A型事業所を学校と呼びましたが、授業はないです。
あるのは仕事だけです。
その点が学校ではない唯一のポイントですかね。

毎年最低賃金が引き上げられているので、それに伴って事業所の時給も上がります。単純に嬉しい。

副業

僕は副業してます。
じゃないと生活できないです。
アラサーで8万の給料ってヤバすぎでしょ…。

特に副業禁止とか言われてないのでOKなんでしょう。
入る前にいろいろ勤労に関しての書類に目を通せと言われましたが、全く覚えておりません。

ですが、社長の目の前で副業で3DCGやってます!
って言っても何も文句出なかったのでOKだね!

昼休みが60分と長いのでブログ1記事投稿するぐらいの余裕はあります。
事業所からステップアップして就活するか、副業しながらずっと事業所に通うか悩み中です。

雰囲気

割と雰囲気好きです。

事業所の居心地はなかなかいいものです。
みんなそれぞれ抱えている障害に違いはあれど、他者を嫌う人もいませんし、みんな他人のことを配慮しながら交流している感じです。

うちの事業所の女性率は50%ぐらいです。
これもあってかやっぱり雰囲気は明るめですね。

男性は寡黙な方が多く(自分もですが)、喋りながら昼食を取るとかないので、その点女性がいると雰囲気が暗くならないのでいいですね。

まとめと終わり

A型事業所の雰囲気が少しでも伝わっていれば嬉しいです。

今回お話しした点は、

  • 学校みたい
  • でも稼げる
  • 人との優しい交流がある

といった感じでしょうか。

今回の記事があなたのお役に立てることができれば幸いです。
では今回はこれにて終わります。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください