Press "Enter" to skip to content

A型事業所は居心地が良い

年功序列はなく、皆平等

はい、障害者のいそっぷです。

僕はA型事業所に通っています。

本当は普通の企業の障害者雇用枠を狙っていたんですが、4件回って全部駄目でした。面接までいけたのは1件だけです。

諦めるの早すぎない?って思う方もいるでしょう。

確かに見切りをつけるのが早いですが、理由は財政的な問題が大きくて、就活は応募してから結果がでるまでに二週間とかかかってしまいます。

貯金がどんどん減っていくんですよね。

なのでほぼ確実に入れそうなA型事業所を頼ってみようと思って、結果的にA型事業所通いになりました。

入って良かったこと

まず、人と関わり合いながら仕事をする機会が2年ほどなくなっていたので、人と交流するストレスがあることに気づけたこと。

不得手な仕事があり、一時期適応障害っぽくなったこと。

A型事業所は色々な仕事を体験できますが、僕の通っているところでは、PC作業と軽作業、倉庫内作業などがあります。

僕はPC作業以外の仕事が軒並み駄目で、すぐ気持ち悪くなってしまいます。

これが普通の会社に行ってたらどうなっていたんだろうと、怖くてたまりません。

適応障害っぽくなっても辞めずに済んだのはA型事業所だったからです。午前早退で精神科に行かせてもらったり、サポーターの心遣いによって回復へと向かっていったからです。

皆が障害を抱えている

障害者と介護者

A型事業所を利用している人、皆が障害を抱えています。

ちょっとした仲間感があります。とても居心地が良いです。

年功序列がない

サラリーマン

当たり前といっちゃ当たり前なんですが、事業所に通う人達は年齢、通ってる経験年数ともにバラバラです。

そんな中でも、年功序列や先輩後輩みたいな関係はありません。

皆、平等に『利用者』ということになっています。

ここが僕にとって、居心地の良い理由です。僕は上下関係が苦手で怖いんです。

でも今通っているA型事業所はそういうしがらみがなくて快適です。

給料は安い

A型事業所は安月給

給料は最低賃金の時給なので多くはありませんし、勤務時間も4時間と短いので、結果として月給は少ないです。

でも利用者皆の給料が同じというところも気に入ってます。長くいればそれだけ給料が上がるとかでもなく、皆平等に最低賃金です。

もちろんボーナスはありません。

有給休暇は半年通えば10日もらえるそうです。僕はまだ半年も通ってないのでありませんが。

僕のメインの仕事

A型事業所のPC作業

僕が今請け負っているメインの仕事は、ショップWebサイトの運営です。一人だけで作業していますが、マイペースに進められるので気に入っています。

最初の頃はPCの一般的な作業だけをしていました。中身の詳細は言えませんが、普通の人でもやれる仕事でした。

ですが、事業所の管理責任者の方などにPCの知識があることを、入る際に伝えていたので、慣れたころから色々なPC作業をさせてもらいました。

結果的に今はWebサイトの運営です。とても生産的で自分にとってもためになる仕事です。

今後の展望

A型事業所通いの展望

最後に今後の展望を語りたいと思いますが、正直まだわかりません。このままA型に通い続けても生活が苦しくなる時期がいずれ必ず訪れます。(両親の死によって)

なので、就職をいつか考えるべきなんですが、色々な仕事を経験して自分に強いストレスがかかったことを鑑みると、まだ時期尚早かなと思っています。

A型事業所で集団の中で仕事をすることに慣れてから就活を考えようかなと思っています。

あるいはブログが副収入として活躍してくれるととても嬉しいですね。アスペルガーで普通の社会から弾かれた僕が、ブログで情報発信することで社会に貢献できるのなら、それは幸せと言えるでしょう。

終わり

引きこもり状態から一般企業への就職はハードルが高すぎます。

障害を抱えていて、引きこもり状態になっている方はA型事業所を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事が皆様のお役に立てることができれば幸いです。
それでは今回はこれにてSee you soon.

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください