Press "Enter" to skip to content

【Blender 2.8】カーブのノーマル(周りに表示される線)の長さを変更する方法

はい、アスペブロガーのいそっぷです。

今回は、Blenderのカーブオブジェクトについて書いていきます。
カーブの編集中に表示されるノーマル線の長さを変更する方法です。

Blender 曲線のノーマル線表示

上の画像はベジェ曲線を生成した物ですが、曲線のノーマルを表す線がデカすぎてどうなってるのかわかりませんね。

そこでノーマルの長さを変える事で、見やすいものにすることができます。

曲線のEditモード中に、

Blender カーブオブジェクトのノーマル編集

①Viewport Overlays(ビューポートオーバーレイ)をクリックし、② Normals(ノーマル)の値を小さくします。
ここで、チェックマークを外すとノーマル線自体を非表示にすることも可能です。

Blenderのカーブオブジェクトのノーマル線を編集して見やすくする

デフォルト値よりも小さい値にする事で、曲線のノーマルの長さを変えることができました。
これで曲線自体が見えるようになりましたね。

このようにしてカーブオブジェクトのノーマルは変更することができます。

まとめと終わり

  • 曲線を編集する
  • ビューポートオーバーレイを開く
  • ノーマルの値を変更する

以上の工程でカーブオブジェクトのノーマル線の長さを変更することができます。

この記事があなたのお役に立てることができれば幸いです。
では今回はこれにて終わります。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください