Press "Enter" to skip to content

【Blender 2.8】平行投影を維持する方法・設定の仕方

はい、石義です。

今回は3DCG Blenderでの、平行投影と透視投影(パース)について書いていきたいと思います。

主に平行投影状態を維持してモデリングするには?という問いに答えていきます。

設定方法

Blender プリファレンスで平行投影の設定を行う

Edit > Preferences(プリファレンス)をクリックします。

Blenderのプリファレンスで自動透視投影をOFFにする

Navigation(ナビゲーション)にある、Auto Perspective(自動透視投影)のチェックをOFFにします。

これで3面図から視点を回転させても、勝手にパース表示されることはありません。

なぜ常時平行投影が良いのか

細かい物をモデリングする際、ディテールのモデリングをしているとある問題が発生します。

それは何かと言いますと、3面図、正面などのビューで物凄く近くまでズームしてモデリングしていて、ふと視点を変えようと中ドラッグで回転させると、視点がオブジェクト中心ではなく離れたところに置かれます。

これの繰り返しは非常にストレスがたまります。

なので常に、平行投影しておける設定が必要であり、そして需要があるためにBlenderの設定にもそれが用意されているのです。

まとめと終わり

  • プリファレンスで自動透視投影をOFFにする

以上!

この記事であなたのお役に立てることができれば幸いです。
では今回はこれにて終わります。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください