Press "Enter" to skip to content

【Blender 2.8】初心者向けスプーンの3DCGモデリング解説

はい、アスペブロガーのいそっぷです。

今回は初心者の方々向けにスプーンのモデリングを解説していきたいと思います。
初めてBlenderを触る方にもわかりやすく構成していければいいなと思っております。

一応動画形式と記事形式の2通りで解説していきます。

動画

解説

デフォルトではBlender起動時、中心に立方体がありますが、それは消しましょう。
選択してXキーで削除できます。

平面作成

[Shift + A]で、まず平面を作成します。

ループカットで分割

[command(Ctrl) + R]で上の画像のように平面を分割します。

円形のトポロジー

次に一番外側の頂点を選択し、削除します。
削除はXキーです。

そして画像で示しているように2つの頂点を選択します。

[option(Alt) + M]で2つの頂点をマージします。
この時選ぶオプションは「At Center」中心です。

このようになったでしょうか。
これが正方形から円形にしていく方法です。
同じことを下側でも行います。

これで外側が円形のトポロジーになりましたね。

左側の頂点を選択し削除しておきます。

ループカットでポリゴン分割

[command(Ctrl) + R]のループカットで外側のポリゴンを分割します。

縦にもループカットで分割線を入れておきましょう。

スケールでまっすぐにする

その分割線を選択した状態で、スケール調整で線をまっすぐにします。
Sキーを押してXキーを押し、0(数字のゼロ)を押します。
これでまっすぐになります。

トポロジーの微調整

Transform Pivot Point、ピボットポイントを3D Cursorに変更します。

各頂点を3Dカーソルを中心に放射線状になるようにスケール調整などを行います。

その後は再度ピボットポイントをMedian Point、中心点に変更します。

持ち手の作成

円の一番上の辺を選択しE→YでY軸方向に押し出します。
そしてS→Y→0でY軸方向のスケール調整をして水平にします。

辺を選択したままG→YでY+方向(上方向)に辺を動かします。

[command(Ctrl) + R]のループカットでスプーンの持ち手を分割します。

上の画像のように持ち手の形状を作っていきます。
使うのはG→XでX軸方向に頂点を動かします。

ミラーモディファイア

Blenderの画面右側のパネルからスパナの形をしたアイコンをクリックします。(モディファイア)

[Add Modifier]でモディファイアを追加します。

[Mirror](ミラー)モディファイアを追加します。
これでスプーンの左側ができます。

ミラーのおかげでスプーンの形ができましたね。
不格好なので細部を調整していきます。

スプーンの持ち手の頂点を調整します。
若干尖った形にします。

スプーンの皿に深みをつける

プロポーショナル変形でSphere、球を選びます。

スプーンの皿に当たる部分の外側の頂点を選択してG→ZでZ方向に持ち上げ、凹んだ形を作っていきます。

このような形が作れればOKです。
プロポーショナル変形はOFFにしておきましょう。

持ち手を持ち上げる

次に持ち手を少し持ち上げておきます。

ポリゴンの細分化

ポリゴンが粗いままなので、サブディビジョンサーフェスモディファイアを追加しましょう。

Mirrorの時と同じ操作で、スパナのアイコンをクリックし、[Add Modifier]で[Subdivision Surface]を選択します。

Viewport(ビューポート)を2にしておきます。

頂点の微調整

スプーンを下から見ている画像です。
スプーンの先端は頂点が偏って歪んでいるので、頂点の位置をスライドさせます。
Gを2回押し、頂点スライド。

ここまでで、上の画像のようになったでしょうか。

厚みをつける

スプーンに厚みを持たせます。
[Add Modifier]>[Solidify]で平坦なスプーンに厚さを持たせることができます。

厚み、Thicknesを0.1cmにしておきました。
適した厚みというのは皆さんの環境によって、それぞれ異なる値になると思います。

これでポリゴンに厚みが加わりました。

スムース表示

スプーンを選択し、右クリックでコンテキストメニューを開きます。
メニュー内から[Shade Smooth]をクリックします。

これで滑らかな表示になり、スプーンの完成です。

まとめと終わり

今回よく使ったコマンドは

  • command(Ctrl) + R ループカット
  • G 移動
  • G2回 スライド
  • S スケール
  • S→Xなどで軸方向のスケール調整

この記事があなたのお役に立てることができれば幸いです。
では今回はこれにて終わります。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください