Press "Enter" to skip to content

Blender 2.8で1cm単位のグリッドを設定する方法

はい、アスペブロガーのいそっぷです。

今回は実寸サイズでモデリングしたい方むけに、単位の設定とグリッドサイズの設定方法を解説していきたいと思います。

実物大でモデリングする時にこれらの設定が重要になります。
デフォルトの設定ではメートル法で長さがメートル単位になっています。
この状態だと10cmの大きさで物を作ろうとした時、寸法入力の時に「0.01m」と面倒な数値を入力しなければならなくなります。

それをcm単位で使いやすくモデリングできるように設定していきましょう。

単位の設定

Blenderの単位設定

画面右側にあるパネルの、Scene(シーン)のUnits(単位)でMetric(メートル法)になっていることを確認します。
なっていなければメートル法にしましょう。
Length(長さ)はCentimeters(センチメートル)にします。

グリッドサイズ変更

Blenderのビューポート設定、グリッドサイズの変更

①のビューポートオーバーレイをいじります。
「v」をクリックして、展開されたメニューからScale(倍率)を「0.010」とします。
これでグリッドの線が1cmずつになります。

設定変更の結果

Blenderでcm単位のグリッドにする

画面にあるキューブは2cm四方の6面体です。
画像右側にあるDimensions(寸法)が2cmになっています。
グリッドの線を見ると1cmごとに描かれていることがわかります。

ちなみに先ほどビューポートのScaleを「0.010」としましたが、これを「0.001」とすればmm単位のグリッドになります。

まとめと終わり

  • Unitsで単位をメートル法に変更し、長さをcmにする
  • ビューポイントの倍率を0.010としcm単位のグリッドにする

この記事があなたのお役に立てることができれば幸いです。
では今回はこれにて終わります。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください