Press "Enter" to skip to content

アナログを救う!アナログ絵描きさんのためのスキャナーアプリ紹介&使い方

はい、アスペブロガーのいそっぷです。

アナログで絵を描いてSNS、ツイッターなどにアップする人は多いと思いますが、綺麗に絵を撮るのは大変な苦労ですよね。

そこで役に立つのが、「斜めから撮っても綺麗に撮れるアプリ」です。

今回はCamScannerというアプリを紹介、使い方を書いていきたいと思います。

CamScanner Google Playストア

CamScanner iTunesストア

まずはインストール

スマホのホーム画面 CamScanner

まずCamScannerをPlayストアなどからインストールしましょう。

ドキュメント新規作成(スキャナー)

CamScannerのドキュメント

右下のカメラアイコンをタップするだけでOKです。

撮影する

CamScannerの撮影

あとは撮りたい絵をパシャリと撮るだけです。
綺麗に撮るにはなるべく真正面からが良いのですが、影ができてしまうのでギリギリを狙いましょう。

補正を行う

CamScannerの補正

片付いた環境で撮れば自動でパース補正の線が絵にフィットしています。

もし緑色の線がキャンバスの輪郭からずれていたら、白い点をドラッグして調整しましょう。

保存する

CamScannerのフィルターと保存

色々とフィルターがありますが、保存するには右下の[保存]をタップです。

画像として保存する

CamScannerの画像として保存方法

画像として保存するには[シェアボタン]をタップします。
「く」の字みたいなアイコンですね。

CamScannerのシェアで保存

イメージ(JPG)をタップして保存します。

スナフキンのアナログ絵

これで斜めの絵を補正して保存することが出来ましたね。

ちなみに、使用感としては画像の補正後、絵が縦に若干伸びる傾向が見受けられますので、真横から撮るなど工夫がいる場合もあるかもしれません。

終わり

どうでしたでしょうか。
アナログ絵描きさんにはちょうどいいアプリではないでしょうか。

この記事があなたのお役に立てることができれば幸いです。
それでは今回はこれにて終わります。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください