Press "Enter" to skip to content

Chromebookで図の作成ツールを使うならGoogle図形描画!

ChromebookならGoogle 図形描画

はい、いそっぷです

ChromebookはWindowsやMacで使われているようなIllustratorはありません。
なので画像に矢印を追加して解説記事などを書くのはなかなか苦労する点です。
そこを解決してくれるのがGoogle 図形描画です。

Google 図形描画の使い方

Google 図形描画 Google ドライブ

使うにはGoogleドライブで空いている所を[右クリック]>[その他]>[Google 図形描画]をクリックします。

そうするとこのような画面が表示されます。これが図形描画画面です。

意外と活躍できる範囲は広い

Google図形描画 挿入

[挿入]メニューをクリックして見てみましょう。画像、テキストボックスや図形、さらには表やグラフまで挿入することができます。
ちなみにグラフはスプレッドシートから挿入することができます。

Google 図形描画 グラフ

ブロガー目線で見たときのおすすめの使い方

ブロガーということで、画面のスクショを撮って編集というのは必須でしょう。(まあ使わない人もいますけど…)
今回は私のように解説記事をばんばん書いていく人に向けて、おすすめの使い方を紹介していきたいと思います。

Chromebook スクショ

例えば、ブロックのテキスト設定のスクショを撮って、[クリックボードにコピー]をクリックします。

これをそのまま「Google 図形描画」の画面に行って、[貼り付け](Ctrl+V)すれば簡単に貼り付けできて、矢印などを追加していくことができます。

できたやつを保存するのは面倒なので、僕の場合は出来上がったら画面サイズ調整して範囲スクショ撮って、ブログにアップロードします。

終わり

Chromebookユーザーの皆さんどうでしたでしょうか。
ChromebookはChromeOSといって限られた機能しかないように思えますが、意外とGoogleさんがオフィス系製品を提供してくれてますし、とても実用性あるデバイスだと私は感じています!

今後もなにかありましたら色々と書いていこうと思います。
では今回はこれにて終わります。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください