Press "Enter" to skip to content

楽して始めるWordPressとは?

レンタルなしで始めましょう!

WordPressを始めるにあたって、昨今よく語られているのは、サーバーをレンタルし、WordPressをインストール、独自ドメイン取得するという流れです。

その利点は安さにあります。
ですが、それら煩雑な操作を自分でやる必要があり、なおかつ出来上がったWebサイトのセキュリティまで自分で管理する必要があります。

アプリケーション、プラグインのインストールや更新(更新しないとセキュリティ的にまずい)まで自分でやるとなるとそれだけで相当な時間を浪費することになります。

僕からしたらセキュリティのプラグイン自体怪しい。

ヘビーユーザーならそれでも良いでしょう。
でもライトユーザーがWordPressを利用するのにそこまでする必要があるでしょうか?

WordPressには2種類ある

WordPressには
wordpress.org
wordpress.com
の2種類があります。
これらの違いは、上がインストール型のWordPressアプリケーションを配布しているサイト。
下がWordPress公式のブログサービスです。

wordpress.comを利用すればサーバーを別の場所でわざわざ借りる必要もないですし、有料プランにすれば独自ドメインも取得できます。
一箇所ですべて行うのでとてもわかりやすいです。

もちろん無料プランでブログを書いていくことも可能です。


セキュリティも自分で管理する必要はほぼありません。(ログインIDのPWは予測しにくく長いもので定期的に変更するほうが好ましいです)

wordpress.comでブログやサイトを作成し運営していく。これがサーバーなしで始めるWordPressです。
収益化させて収入を得たいという方、そうでない方でもおすすめの方法です。

(屁理屈を言えば、実は知らぬ間にwordpress.comのサーバー借りてるじゃないかという意見もあると思います(笑))

かかるお金は割高

WordPressの有料プラン(独自ドメイン、サーバーの大容量ストレージ、プラグインのインストール、豊富なデザインテーマ)を考えている方にとっては、wordpress.comの有料プランは、レンタルサーバー方式より割高です。

レンタルサーバーのほうは安いです。
自分で数時間作業する手間と自分にかかっている見えない人件費を考慮しなければの話ですが。

収益化を考えているのなら導入と更新費が少し割高でも腹をくくってwordpress.comから始めてみましょう。
無料プランでどんなものなのかを探ってから有料プランに移行することもできます。

WordPressのログインIDだけで、WordPress&サーバー&ドメインの設定ができてしまいます。
こういうのは一元管理したほうが楽です。

結論

サーバーレンタルに向いている方:自分で何もかも管理したい。大量にサイトを運営したい。少しでも安くすませたい。時間が有り余っている。

サーバーなしに向いている方:ログインIDを2つ3つ持ちたくない。管理する場所は一箇所がいい。少しぐらいお金がかかっても構わない。かけられる時間が限られている。

以上が私の持論です。
反論箇所はいくつもあると思いますが、私は昨今主流のサーバーレンタルという流れが好きではありません、というか

その選択肢一本しかないという状況が好きじゃないです

書店でWordPressの本を立ち読みしてみてください、ほとんどの本がサーバーをレンタルし独自ドメインを取得し…というお決まりのパターンです。

なぜみんな揃ってそんなパターンの本しかないのか、不思議でなりません。

恐らくWordPressといえばサーバーレンタルが当たり前みたいな考えが著者や出版社に多いのでしょう。
実際売れてるからその流れを変えることもないのでしょうね

私はそこに噛み付いていきます。
サーバーなしでもできるんだぞとWeb上で叫んでやります。

以上長々と持論を述べさせていただきました。
ここまでお読みくださった方ありがとうございます。
今後ともこのサイトを気に入っていただければ幸いです。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください