Press "Enter" to skip to content

【シンプル】僕的Google Search Consoleの使い方。使うのはひとつの機能だけ!

それはURLの検査

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

https://support.google.com/webmasters/answer/9128668?hl=ja

Webサイトの各ページの掲載順位を監視し、改善の一助となるGoogleの無料サービスです。

登録方法はWordPressのビジネスプランにして最初に入れる収益化&SEOプラグインは1つだけ!こちらの記事でも少し触れていますが、Site Kit by Googleプラグインを使えば簡単に登録できます。

別にこのサービスに登録しなくても、Googleの検索エンジンクローラーが勝手にWebページを見てGoogleの検索結果に乗るようインデックスされるわけなんですが、クローラーがいつきて、ちゃんと見てくれるかなんてわからないですよね?

そこを改善するために僕はGoogle Search Consoleを次のように使っています。

URLを検査

Google Search Consoleにアクセスすれば色々と見れる情報はあるんですが、僕は一番上にある検索窓しか基本的に使いません。

この検索窓に自分のWebページのURLを貼り付けてGoogleにインデックスされているか否かを知ることができます。
されていなければインデックスを要求します。

Google検索ではインデックスされていないWebページは検索結果に載りません。
なのでここはかなり重要なのです。

新しい投稿記事を書いたらすぐURL検査

上述したように検索窓にwebページを貼り付けて検索してみます。
すると「URLがGoogleに登録されていません」と出ます。

インデックス登録をリクエスト

URLが登録されていない場合は、[インデックス登録をリクエスト]をクリックします。

Googleクローラーにインデックス登録をリクエストする

「インデックス登録をリクエスト済み」がでれば完了です。
これで優先的にGoogleのクローラーが見てくれる”はず”です。正直わかりません。
が、やっておくと多分いいはずですので、やっておきましょう。

僕は基本的に新しい記事を書いたらURL検査してリクエストを送っています。
皆さんもぜひGoogle Search Consoleを使ってみてください。

関連記事:Yoast SEOの機能のうち1つしか使わない僕的使い方

少しでも参考になれば幸いです。
それでは今回はこれにて終わります。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください