Press "Enter" to skip to content

固定ページの作成

ホーム画面や連絡先は固定ページで!

固定ページは、重要な情報を載せておきたい、ホーム画面やプロフィール、連絡先など更新頻度の少ない情報を載せるページ作成機能です。

さっそく固定ページを作成していきましょう。今回作るのはプロフィールにしてみましょう。

WordPress.comの管理画面で操作をしていきますが、.org管理画面でも似た操作で同じことができますので、安心してご覧ください。

固定ページ作成の流れ

  1. 新規固定ページの追加
  2. レイアウトの選択
  3. エディターでコンテンツ作成
  4. パーマリンクの設定
  5. 公開

という感じで進めていくのがメジャーなやり方だと思いますので、今回はこれらの項目を詳しく見ていきましょう。

1.新規固定ページの追加

WordPress 新規固定ページの追加

ダッシュボードの[サイト]>[固定ページ]をクリックします。

WordPress 新規固定ページの追加

[新規固定ページを追加]をクリックして固定ページを追加しましょう。

2.レイアウトの選択

WordPress 固定ページのレイアウト選択

レイアウト選択画面に移ります。左側がおすすめレイアウト一覧で、右側はレイアウトのプレビューです。

今回は「Blank(空)」をクリックして(改めてクリックする必要もないですが)右上の「Use Blank layout」をクリックします。

3.エディターでコンテンツ作成

すると、このような画面になります。初心者が絶対つまづくGutenbergエディターの使い方をご覧になられた方々は少しは慣れた画面ではないでしょうか。

エディターでコンテンツ(内容)を書いていくんですが、今回はこんな感じにしておきましょう。書き方は初心者が絶対つまづくGutenbergエディターの使い方をご参照ください。

4.パーマリンクの設定

パーマリンクとは簡単にいえばWebページのURLのことです。これに触れずに記事を投稿するとパーマリンクについて設定されている通りに自動でURLが生成されます。

つまりパーマリンクは触れなくても固定ページ公開や記事を投稿することができます。

ですが、パーマリンクは絶対手を触れておきましょう。なぜなら検索でヒットしやすくなるからです。

さらに日本語のURLが生成されていた場合、そのWebページを共有するときに、とんでもなく長いURLで共有されることになります。

パーマリンクの設定場所

WordPress パーマリンクの設定場所

画面右側にあるサイドツールバーの[文書]タブをクリックします。

下へスクロールするとパーマリンクの項目があるかと思います。

ないという方は一度[下書き保存]を行いましょう。

デフォルトではURLスラッグ(URLの最後)が連絡先、つまり固定ページのタイトルに設定されています。

このままでは日本語のURLが生成されてしまいますので、「contact」と入力し直しておきましょう。

これでパーマリンクの設定は完了です。

5.公開

出来上がったら公開しましょう。
といってもやることは単純です。

画面右上にある[公開する]をクリックするだけで、設定したURLで公開されます。

公開したら、画面左上の[<]ボタンをクリックしてダッシュボードに戻りましょう。
これで固定ページ作成に関する流れは終了です。
作った固定ページの扱い方については別の記事で詳しく書いていきたいと思います。

それでは今回はこれにて終わります。

次はこちらから。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください