Press "Enter" to skip to content

検索結果順位を上げるために適切なパーマリンクを設定する

URLの最適化はGoogleに評価される要素のひとつ

はい、アスペルガーのいそっぷです。

今回はWordPressだけではなくブログ全般に言えるパーマリンク(URLスラッグ)をテーマに書いていきたいと思います。とはいえWordPressを例にしていきます。

適切なURLを設定することでGoogleから評価され、検索順位を上げるきっかけにもなります。

目次

  1. 結論から言えば
  2. そもそもパーマリンクとは?
  3. 日本語のURLが駄目な理由
  4. URLは検索結果に表示される
  5. キーワードとパーマリンク
  6. 適切なパーマリンクとは?
  7. 終わり

1.結論から言えば

「https://○○.com/パーマリンク」よりも「https://○○.com/permalink」のほうが良いよって話!

2.そもそもパーマリンクとは?

パーマリンクとは、Webページの中の個別のコンテンツに対して設けられたURLのことである。特に、ブログにおける個々のエントリー(毎日の記述)に対して割り当てられたURLを指すことが多い。パーマリンク(Permalink)は、恒久・不変を意味する「パーマネント」(permanent)と「リンク」(link)が掛け合わされた造語である。

パーマリンク – weblio辞書

WordPressでは[文書パネル]内にパーマリンクの設定項目があります。

画像をみると日本語のURLになっていますね?

これは悪い例です。理由は後述します。

実は今回パーマリンクについて書こうと思ったきっかけは、Googleが提供しているガイドを読んで、これは皆の役に立つなと思ってのことです。

ブロガーにとってパーマリンクとはGoogleに評価されるための大事な要素です。Googleの言うことは正義!みたいなノリでやるのが王道です。

引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Google

この画像が指し示す通り、自動生成されたURLというのは大体が理解されづらいURLになります。ちなみに、日本語のURLは一見わかりやすそうですが、大間違いです。

3.日本語のURLが駄目な理由

https://ishigi.com/テスト/というアドレスを例にしてみましょう。

これを共有する場合「https://ishigi.com/%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88/」というめちゃくちゃ長いURLに変換されます。

日本語のURLは自動で半角英数字に変換されます。日本語をそのまま使えないんですね。

つまり、日本語のURLは日本人にとっては読みやすいかもしれないけれど、Googleのクローラーが回ってきた時や共有された時に内容が何かわからず混乱を招く恐れがあるというわけです。

ちなみにクローラーとはWebサイトを周回して情報を集めるプログラムのことです。

クローラ(Crawler)とは、ウェブ上の文書や画像などを周期的に取得し、自動的にデータベース化するプログラムである。

クローラ – Wikipedia

4.URLは検索結果に表示される

パーマリンクで設定されたURLは、検索結果でタイトルの次に表示されます。

通常、ドキュメントの URL は Google の検索結果でドキュメントのタイトルの下に表示されることを忘れないようにしましょう。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Google

Googleさんがこのように言っているので100%、タイトルの次に表示されます!(Google信者化していく)

URLで単語を使用する

サイトのコンテンツや構造に関連する単語を含む URL は、サイトを閲覧するユーザーにとってより親切になります。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Google

複雑なURLでもGoogleクローラーは差別なくクロールできると言われていますが、ユーザーファーストで考えた場合、URLは短く簡潔に内容とマッチしたものが最適と考えられます。

ここでの結論としては、ユーザーがタイトルだけでなく、そのURLを見ても中身が容易にわかるものが良いということです。

5.キーワードとパーマリンク

キーワードを多く入れれば良いかと言うと違います。
Googleのガイドによれば過度なキーワード使用は避けるべきと言われています。

避けるべき方法:

「baseball-cards-baseball-cards-baseballcards.htm」のように過度にキーワードを使用する。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Google

ですので、SEOに有利だろうと思ってキーワードを入れまくっても逆効果ということです。

6.適切なパーマリンクとは?

もうお分かりかと思いますが、適切なパーマリンクとは英数字で書かれたURLのことです。

Googleは適したパーマリンク、URLを次のように説いています。

ウェブサイトのドキュメントにわかりやすいカテゴリやファイル名を使用すると、サイトを効果的に整理できるだけでなく、コンテンツにリンクしようとするユーザーにとって、より簡単で「フレンドリー」な URL を作成することができます。理解できる単語がほとんどなく、極端に長い暗号のような URL は、訪問者を困惑させることがあります。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Google

Googleはその運営をユーザーファーストで考えているため、ユーザーを困惑させるようなURLは、適していないと判断します。

パーマリンクの設定はぜひ手を加えておきましょう。そしておすすめは英単語、ついでローマ字で書かれた日本語。例えば「pamarinku」といった感じにすることです。

この記事のURLをガイドに沿ったやり方で書いてみますと、このように「https://ishigi.com/permalink/」という短くてわかりやすいURLにすることができます。

終わり

いかがでしたでしょうか。
パーマリンクなんて小さなこととお思いの方もいるでしょうが、Googleはそこも見ているんだぞと自ら言っているんです。

確実にSEOに引っかかる項目だと思われます。

今まで適当に設定していた方、もしくは全く手に触れてない方はぜひ英数字でわかりやすいパーマリンク設定をしましょう!

この記事があなたのお役に立てることができれば幸いです。
それでは今回はこれにてSee you soon.

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください