Press "Enter" to skip to content

【効率良し】WordPressで再利用ブロックを効率よく使う方法

はい、いそっぷです。

今回はWordPressの再利用ブロックを使って効率よく記事を書く手法をご紹介していきたいと思います。

WordPressの再利用ブロック

僕のサブブログでは関連記事を表示するのに再利用ブロックをつかっています。

WordPressで関連記事表示

上の画像の再利用ブロックでは、「区切り」「段落」「関連記事」の3つのブロックが含まれています。

このように再利用ブロックを使うと、複数のブロックをワンクリックで一度に書き出すことができます。

これはひとつの記事内だけで使うだけではなく、複数のページに対して同じ書き方をする場合に効率よく使うことができます。

WordPressの再利用ブロック説明

また複数の記事にわたって再利用ブロックを使った場合、その再利用ブロックを編集すると、今まで使ってきた再利用ブロックも更新されます。

再利用ブロックの作り方

再利用ブロックを作るのは簡単で、要は「複数のブロックを選択」→「グループ化」→「再利用ブロック化」の3つを行えばいいだけです。

WordPressで複数のブロックをグループ化させる

まずグループ化したいものを選択します。
今回は「区切り」と「段落」、「関連記事」の3つを選択します。

WordPressのグループ機能

そしてブロックツールバーの[ブロック変換]で[グループ]をクリックします。

グループを再利用ブロックに変換

グループ化したら、ツールバーの[詳細設定]をクリックし[再利用ブロックに追加]をクリックします。

再利用ブロックの名前決定

あとは再利用ブロックの名前を決めて保存するだけでOKです。

今回は「関連記事」という名前にしました。

再利用ブロックの使用

作成した再利用ブロックを使用する際は

WordPressで再利用ブロック使用

ブロックの追加メニューで「グループ化されたアイコン」で、先程決めたブロック名の再利用ブロックが追加されていることが確認できます。

再利用ブロックのある場所

または追加メニュー内の一番下に、「再利用可能」というカテゴリーがあるので、ここから探すこともできます。

そしてそれをクリックするだけで、グループ化されたブロックが追加されます。

終わり

WordPressのテーマによっては関連記事を簡単に置けない場合もあるので、再利用ブロックを使う手もあるのでぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

記事の始まりと終わりが決まっているなら、それを再利用ブロック化しても良いですね。

この記事があなたのお役に立てることができれば幸いです。
それでは今回はこれにて終わります。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください