Press "Enter" to skip to content

うつ病や発達障害者、引きこもりなどの社会的弱者にこそブログは光る

自分を表現する世界へ

僕はアスペルガー症候群、ADHD、解離性障害、双極性障害(躁うつ病)です。
週5以上は障害者福祉施設(A型事業所)に通っています。
通院は二週に一回です。(以前は毎週通っていました)

精神を病むと社会に戻れない

精神を病んだ状態

精神を病む前は会社員でした。そして会社で心を病み、少しの期間フリーランスでお金を稼いでいました。

ですが、フリーランスでもまた心を病み、2年以上通院しようやくA型事業所で働いている現状です。まだまだ寛解には程遠く、自傷行為なども止まりません。

この世は一度ドロップアウトすると元には戻れません。親に頼るしかない社会的弱者は余計難易度の高い環境にいます。

僕も親に頼らなければ生活していくことができません。

ハローワークに半年通って障害者雇用枠に応募しても蹴られてばかりでした。普通の社会には戻れないんだなと自覚し、A型事業所に通うことにしたんです。

お金がない

お金…ありません。親のスネをかじりっぱなしです。
A型事業所に通っているとはいえ、給与は少ないのでやはり親頼みになります。

交際なんて無理

お金がないので外出は通勤時ぐらいです。交際などとんでもない。全く考えられないです。

交友関係が限られている

うつでふさぎ込む

僕の事例で語らせてください。僕は友達がいません。友達だった人すべてとの連絡を断絶したからです。心を病み、人間不信に陥り、誰も信用できなくなったのです。そして引きこもり生活を続けました。

友達はいらない

今は引きこもりから脱却しましたが、友達を作る気がありません。知人程度ならいいですが、信用できる人は家族以外にできる気がしません。信用して裏切られて心を病むのはもうごめんです。

僕と似たような境遇の人、違っていてもやはり交友関係が限られている人は多いでしょう。

引きこもりから自分を表現する世界へ

表現する道

引きこもり時代はインプットだけの生活でした。ネットサーフィンをして、Youtubeで動画を見て、アマゾンプライムビデオなどで映画やアニメを見て…それだけの日々を過ごしていました。

自分の意見を言えるブログがある

でも今はブログっていう自己発信する手段があるじゃないですか。使いましょうよ。人との交流が怖い人は日記から始めてみましょう。慣れたらネット上に発信する形でブログをやりましょう。

収益化の話は忘れよう

ブログは正直お金にはなりません。なるとしても相当時間のかかる話です。最初の一ヶ月や二ヶ月毎日更新したとしても入るのは500円程度でしょう。

収益のことは忘れて、後からついてくるものだと考えてブログを始めましょう。

発信し続けることで軸ができる

自分の意見や好きなことを発信し続けることで、自分の中で揺らぐことのない軸ができます。その軸を強く、太くしていくことで社会に一歩でも踏み出せるぐらいの自信を持ちましょう。自分の中に確固たる意見がいくつも存在することはとても心強いものです。

終わり

僕はこのブログを使って自分の意見を発信し続けていきます。あなたも一緒にがんばりませんか?一緒に生きてはみませんか?ブログでうつ病が治るなんてとても電波すぎて言えません。でも自分の意見を持てるのは良いことです。それだけは確かです。

今回の記事があなたのお役に立てることを願います。
それでは今回はこれにてSee you soon.

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください