Press "Enter" to skip to content

あなたのWordPress(ブログ)記事が読まれない理由

WordPressはSEOには強くても他が弱い

2019/12/30更新

はい、アスペルガーのいそっぷです。

WordPressをお使いの皆さん、アクセスは増えていますか?
1時間かけて書いた記事は読まれていますか?

僕の場合は読まれたり、読まれなかったりバラバラですが、それなりに分析できるぐらいには記事数を増やしてきました。

そこでわかったのはWordPressだから、こういう傾向なんだなということです。
これを話題に今回書いていきたいと思います。

SEOは強い、でも他は?

WordPressのSEO対策は検索流入につながるのか?

WordPressは全体的にSEOに強いと言われています。
SEOが強いと検索結果で上位表示され、そこからのアクセスが長期にわたってもたらされます。

ただ…それだけなんです。

WordPressには、「はてなブログのはてなブックマーク」や「ライブドアブログ公式の人気記事ランキングやおすすめブログ紹介」といったように、それぞれが持つコミュニティみたいなものはありません。

つまり検索からくるアクセスだけが頼りです。
なんと厳しい道か。

なおSEOに強い記事を書くには以下の記事が参考になると思います。

SEOを意識したWebライティングをこの記事で紹介している本では取り扱っております。
検索結果の上位表示を狙うにはまずここからです。

SEOに強いといってあぐらをかいて適当に記事を書いただけでは、検索結果の上位に表示されることはありません。

また、量をたくさん書いただけでもだめです。
質の良い記事をたくさん書くことが大事なんです。
それが検索結果の上位表示の前提条件です。

SNSがあるじゃないか

WordPressはSNSを組み入れないとアクセスが見込めない

アクセス源はもちろん検索だけではありません。

ツイッターやフェイスブックなどのSNSからのアクセスも見込めます。
しかし、フォロワー数の少ないツイッターでいくら拡散しようとしても難しいものです。

とはいえ、SNSを利用することは正しいと僕は信じます。

ここで提言したいのは、「WordPressでSEOに強い記事を書きつつ、SNSでも活動して多くのフォロワー数を得る」ことです。

これがWordPressのアクセス数を増やす唯一の道だと思われます。

フォロワー数が増えれば、記事公開と一緒にツイッターなどへ投稿し、閲覧や拡散が見込めるようになりますね。

終わり

WordPressをお使いの皆さん、始めたばかりの皆さん、一緒に頑張っていきましょう!
コメントをくれるととても励みになります!

この記事が皆様のお役に立てることができれば幸いです。
それでは今回はこれにて終わります。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください