Press "Enter" to skip to content

【失敗を分析する】ツイッターでのコミュニケーションすら難しいアスペルガー

はい、アスペルガーブロガーのいそっぷです。

先日ツイッターで交流してたら、どんどん非難し合うような会話になってしまって、どうしてそうなったのか今でも疑問が尽きないぐらいなんですが、今後のためにもメモしておこうと思います。

まず、登場人物はAさんと僕だけです。

Aさん「具合が悪い…」
僕「鬱じゃない?」
Aさん「鬱はないのよ」
僕「羨ましい」
Aさん「羨ましいは違うんじゃない?」
僕「そう?鬱がないのは良いことだと思うんだけど」
Aさん「パニックにも鬱があるのよ」
僕「ん?パニックと鬱は違う病気だよね?鬱のことだけに焦点合わせて話してたのにどういうこと…」

とここから非難の投げ合いが始まるんですが、問題は今挙げた会話の中にあると思うんですよね。

Aさんは恐らく最初のツイートの「具合が悪い」という前提で話してて、僕は「鬱じゃない?」というツイートから話を始めていたので、ここで食い違いが起きたのかなと今では思ってます。

Aさんは具合が悪いのに羨ましいは違うんじゃない?っていうことを言ってたのかもしれません。
その場合悪いのは100%僕ですね。
僕は鬱がないのは羨ましいと素直に思って口走ってしまいました。

フォロワーさん達にも10人ぐらい、意見を聞いて、知的障害あるレベルでやばいよとか言われちゃいました。

9:1で僕が悪い

9:1ぐらいで僕が悪いといった感じですね。

「鬱はない」と言われた時点で、この人には「鬱がないんだ」と頭の中ではがっちり決まって、「羨ましい」と言ったのが不味いようです。

難しいですね、アスペルガーは文字通りにしか受け取れないので、相手の考えてることを想像できません。
想像できないという特徴もアスペルガーの特性です。

ちなみにこれが原因で数人からブロックされてしまう始末。

ですが、僕はコミュニケーションを取ることから手を引こうとは思ってはいません!
僕はアスペルガーでもなんとか普通に交流できるようになりたいからです。

なのでもらった意見は(大体ネガティブな感じなんですが)大切にし、今後のコミュニケーションに活かしていきたいと思います。

アスペルガーは病気じゃない

原因はアスペルガーっていうと病気を盾にしているぞという意見もあるようですが、アスペルガーはそもそも自閉症で病気ではなく、脳の問題です。

アスペルガーの治療方法は残念ながらありません。
なので、頭で精一杯考えて発言しなくちゃいけませんね。
普通の会話のようにコミュニケーションを取ると、どうしてもアスペルガーの性質が浮き彫りになってしまいます。

努力でなんとかする

努力すべきは、発言する前に頭で考えて、妥当かどうかを一生懸命考えることでしょうか。

それも結構難しいんですが、アスペルガーについての本を読んでも、やはりコミュニケーションは行き違いが多いと書かれていますし、それが原因で友達をなくし孤独になっていく傾向にあるとも書かれてます。

僕は日頃からアスペルガーである自分を観察しながら、他者との交流を考えるべきですね。

ツイートする前に、一度再考して、非難される箇所はないか確認する必要があります。
今まで軽い気持ちでツイッターを利用してたんですが、今後は気をつけていきたいと思います。

終わり

要点をまとめると、僕がすべきことは

  • 相手のツイートをよく観察する
  • 相手の環境も観察する
  • 相手の思いをなんとか想像する
  • それに対してリプライを送る前に再考する
  • だめな点がないかどうか確認する
  • よくわからなかったら関わるのを止めておく

という感じでしょうか。

言ってみれば僕はキチガイといわれてもおかしくないので、そこを改善していきたいですね。

心残りは謝ることができなかったことですね。
一晩考えて、今朝謝罪のツイートを送ろうかなと思ったらブロックされてたので言えずじまいです。

何かまだ僕の勘違いがあるのであれば、コメントで意見をください。
今後のコミュニケーションで活かしていきたいと思います。

この記事があなたのお役に立てることができれば幸いです。
それでは今回はこれにて終わります。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください