Press "Enter" to skip to content

水彩の輪郭線に使えるボールペンはシグノ

はい、アスペブロガーのいそっぷです。

今回は水彩色鉛筆や水彩画で使えるボールペン探しをしてきました。

結論から言うと、シグノのペンが一番水に対して強いと思われます。

ハイテックだと水で滲む…というか消えてしまうのに対して、シグノはまったく変化しません。

なので水彩画に適したボールペンというのはシグノで決定!

作例

実際にシグノのブラウンブラックで描いた作品を並べていきます。

こんな感じに、一応茶色なので淡い水彩でもコントラストがきつくなりすぎず描けると思います。

終わり

水彩色鉛筆をやるなら、輪郭線はシグノ!
ユニボール シグノ Signo 超極細 – Amazon

色鉛筆はステッドラーのカラト!
ステッドラー 色鉛筆 カラトアクェレル 水彩色鉛筆 – Amazon

紙はホワイトワトソン!
ホワイトワトソン紙 – Amazon

というのが僕が考えるベストな組み合わせです。

この記事があなたのお役に立てることができれば幸いです。
では今回はこれにて終わります。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください