Press "Enter" to skip to content

投稿ページの作成

ブログ記事は投稿機能で書きます!

投稿機能のほとんどは固定ページの作成とほとんど変わりません。

違いは、カテゴリー分けしたりタグ付けできる程度の小さな点だけです。
固定ページが書ければブログ記事を書くこともできます。

投稿の流れ

  1. 新規投稿を追加
  2. エディターでコンテンツ作成
  3. パーマリンクの設定
  4. カテゴリーの設定
  5. 公開

という感じで進めていくのがメジャーなやり方だと思います。固定ページの作成と被るところが多々ありますが、一応解説していこうと思います。

1.新規投稿を追加

WordPressで投稿をクリック

ダッシュボードの[サイト]>[投稿]をクリックします。

新規投稿を追加をクリック

画面右側にある[新規投稿を追加]をクリックして、投稿記事を追加しましょう。

2.エディターでコンテンツ作成

WordPressで投稿

このような画面が表示されると思います。初心者が絶対つまづくGutenbergエディターの使い方をご覧になられた方々と、固定ページの作成をご覧になった方々はかなり慣れた画面ではないでしょうか。

WordPressで初めての投稿

今回はこんな感じに書いてみました。書き方は初心者が絶対つまづくGutenbergエディターの使い方をご参照ください。

3.パーマリンクの設定

パーマリンクとは簡単にいえばWebページのURLのことです。

引用元:固定ページの作成

パーマリンクの設定場所

WordPress 投稿 パーマリンク

[下書き保存]をしておきましょう。

そして、画面右側のサイドツールバーで[文章]タブをクリックします。

下へスクロールすればパーマリンクの項目にたどり着けます。

WordPressのブログ投稿でパーマリンク

パーマリンクの項目を見てみると、URLスラッグ(URLの最後部分)が「初めてのブログ投稿」、つまり記事のタイトルになっています。

このままでは日本語URLが生成されてしまうので、URLスラッグを暫定的に「blog」としておきましょう。

WordPressでパーマリンクの設定

これでパーマリンクの設定は完了です。

4.カテゴリーの設定

固定ページにはなかったカテゴリーの設定をしていきます。

WordPressの投稿で新しいカテゴリーを追加

カテゴリーはパーマリンクの下にあります。

最初は[未分類]にチェックがついています。

今回は[新規カテゴリーを追加]をクリックしましょう。

WordPressでカテゴリー追加

新規カテゴリー名を「ブログ」としておきます。

今回、親カテゴリーはなしでいきます。

親カテゴリーについては図で解説しましょう。

WordPress 親カテゴリーとは

親カテゴリーとして例えば「2019年」というものを用意しておきましょう。その子カテゴリーとしてブログや書評などを入れることができます。複数のジャンルにカテゴリー分けしたものを一箇所にまとめるのに便利です。

5.公開

出来上がったら公開しましょう。
操作は簡単です。

WordPressで投稿を公開する

画面右上にある[公開]ボタンをクリックします。これで設定したURLで公開されることになります。

WordPressの投稿から戻る

公開したら、画面左上の[<]ボタンをクリックしてダッシュボードに戻りましょう。
これで「投稿」に関する流れは終了です。

出来上がった記事を確認

せっかく書いたので投稿した記事を見てみましょう。

WordPressのいらない記事を削除

その前に、まずはいらない投稿記事を消しておきましょう。先程書いた投稿記事以外の[詳細]をクリックし、[ゴミ箱へ移動]をクリックして消します。

WordPressで自分のサイトを表示

自分のブログを表示させてみましょう。

WordPressでホーム画面を表示

スクロールすれば、最近の投稿が表示されているはずです。

WordPressで初めての記事

自分が書いた投稿をクリックして表示させるとこんな感じで見ることができます。

それでは今回はこれにて終わります。

次はこちらから。

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください