Press "Enter" to skip to content

WordPressライトユーザーに本はいるのか?

最初は一冊、次はネット

はい、いそっぷです。

僕のようなライトユーザーがWordPressを利用するとき、PHPファイルをいじるなんてことしないですよね。テーマを自作することもない。

既存のテーマをインストールしてカスタマイズするぐらいの人をライトユーザーとして定義し、
テーマを0から作る人や、テーマのPHPファイルをいじる人をヘビーユーザーと定義してみます。

今回はライトユーザー向けにどうWordPressを運営していくかを書いてみたいと思います。

最初は一冊でいい

といっても、僕は二冊買いました。その結論として一冊で十分だと判断しました。

いちばんやさしいWordPressの教本WordPress はじめてのデザイン&カスタマイズ入門を買いました。

僕のおすすめは後者のWordPress はじめてのデザイン&カスタマイズ入門です。

なぜか前者の本は評価が高いのですが、僕としては星3かなと思いました。後者は前者よりも評価が低いですが、エディターの解説が詳しく載っていて好印象です。星4か5かな。

前者の本は非公式テーマを指定して、それに対してカスタマイズする方法を説いています。

後者は各機能の使い方を丁寧に説いています。

WordPressはテーマとカスタマイズ、エディター、固定ページ、投稿といった機能を理解すれば使っていけるので、各機能を説明してくれる本はとても助かります。

僕としては、前者の本が公式テーマを基盤にしてくれれば星5確定だったなぁと残念がってます。

次の段階はネットの情報

本からワンステップ先へ進むには、まず実践として実際にブログを書いて運営していきます。

そこで、起きた疑問点などを公式のサポートやネットでググって解決策を探るといった感じになります。

ヘビーユーザーはたくさんあったほうが良い

僕はいずれヘビーユーザー側に行きたいと思っています。テーマの作り方を学びたい。そのための情報は多いほど助かります。

狙っている本は、

WordPressデザインレシピ集

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書

WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。

の3冊です!

書店で立ち読みした感じだとこの3冊がヘビーユーザー側にとって有用な本かなと思いました。

いずれ買いたいですが、今はお財布の紐が固い…。

テーマを考えて実践するならレンタルサーバーで非公開状態にしていじるのが一番かなと思っているので、資金をひねり出す必要が…。

WordPress.comのビジネスプランではテーマのインストールが可能なので、わざわざサーバーレンタルしなくても実践はできるんですが、メインのHPをいじるのはちょっと危険かなと思っているので、別でサーバーを用意したいのです。

終わり

今回はこれで終わりたいと思います。
この記事が皆様のお役に立てることができれば幸いです。
ではこれにてSee you soon.

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください