Press "Enter" to skip to content

WordPressのビジネスプランでSEOの設定をして検索順位を上げる方法

WordPressの有料プランではSEOの設定ができる!

私はWordPress(.com)の有料プラン、ビジネスプランを利用してこのサイトを運営しています。そこで活躍しているのがビジネスプランで開放されるSEO設定です。今回はその紹介をしていきたいと思います。

SEOの設定

ビジネスプランでのSEO設定はすごくシンプルでわかりやすいものになっております。

WordPress マーケティング トラフィック SEO

まずダッシュボードの[ツール]>[マーケティング]をクリックし、[トラフィック]タブをクリックします。このページでSEOの設定を全て行なえます。

検索エンジン最適化(SEO)

WordPress SEO 検索エンジン最適化 設定

まずはSEOツールを有効にしましょう。ON/OFFボタンをONにしておきます。青色がONです。

ページタイトルの構造

WordPressの有料プランでSEO設定

ここで各ページのタイトル構造を記述することができます。ここで書いたタイトル名がブラウザのタブ名や検索結果に反映されたり、SNSに共有された時に表示されます。

検索順位を上げたい場合はここで各ページのタイトル構造を吟味しましょう。

WordPress フロントページ タイトル構造 SEO

フロントページのタイトル構造をいじっていきましょう。まずは[サイトのタイトル]を表示させたいのでクリックします。すると②のように反映されます。その下にはプレビューが表示されています。

用意されたボタンでなく、文章を直接記述することもできます。

WordPress ページタイトル構造

色々書けるとは言っても長すぎても駄目です。なのでここはシンプルに考えましょう。フロントページはホーム画面なので「- ホーム」と末尾に書き足しています。各ページのタイトル構造が記述できたら、右上にある赤いボタン[設定を保存]をクリックしましょう。

WordPress ページタイトル構造 シンプル オリジナリティ

私の場合はシンプルな構造にしています。

[サイトのタイトル]は外せませんよね。次に[投稿タイトル]や[ページタイトル]といったものを繋げるように足すんですが、その間に半角スペースと短いハイフン「 – 」をいれてます。

サイトのメタ情報

メタ情報(サイトの説明文)は、検索結果やSNS共有で使用されるとても重要な文章になります。サイトの自己紹介をしているようなものです。

WordPress サイトのメタ情報 設定方法

私の場合はこのような感じに書いています。本当は160文字近いボリュームのほうがいいんですが、現時点ではこんな感じです。最低でも100文字はあったほうがいいかなと思います。皆さんもオリジナリティあるサイトの自己紹介文を考えてみましょう。

関連記事

WordPress 関連記事 設定方法

関連記事は、投稿記事の下に表示されます。表示させないメリットは思いつかないので、普通に全てONにしておきましょう。関連記事からアクセスを得ることもできるので超重要です。

サイト統計情報

WordPress サイト統計情報 いいね コメント 購読者

サイトのアクセス数などを可視化してくれる機能です。ONにしておきましょう。

Googleアナリティクス

まだアナリティクスの登録がお済みでない方はスルーしてください。

WordPress Google Analytics アナリティクス 設定

Googleアナリティクスについては別の記事で解説していきたいと思いますので、ここでは詳しく語りません。
Googleアナリティクスで生成されたトラッキングIDを貼り付けて[設定を保存]しておきます。

短縮URL、サイトマップ、サイト認証サービス

これらは特に深く触れる必要もないのでまとめて解説します。

WordPress 短縮URL サイトマップ サイト認証

短縮URLですが、これはもちろんONをおすすめします。ツイッターなどのSNSは文字数制限が定められているケースがあるので、共有しやすいように短縮URLをONにします。

サイトマップは、検索エンジンに対して「このWebサイトはこういう構造になっていますよ」と告げるものだとご理解ください。これもONをおすすめします。

サイト認証サービスは、説明文のとおり、サイトの所有権を確認するものです。こちら側でなにかする必要はないので、ONのままスルーでOKです。

終わり

これでWordPressのビジネスプランで行えるSEO設定は終わりとなります。とてもシンプルですが、強力なツールです。レンタルサーバー方式だと、どのSEOプラグインを入れれば良いんだ!となりますが、wordpress.comサービスでは既に強力なSEOツールが入っているので特に気にする必要はありません。楽ですね。

その楽を取るためにお金を高めに払っているんですが。

実を言えば、サードパーティのSEOプラグインのほうが強力かもしれません。しかし、それらを入れることでセキュリティに穴ができる可能性は否定できません。公式が用意しているツールならばその心配もしなくていい”はず”です。

では今回はこれにてSee you soon.

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください