Press "Enter" to skip to content

Yoast SEOの機能のうち1つしか使わない僕的使い方

はい、アスペブロガーのいそっぷです。

今回はWordPressのSEOプラグインで有名なYoast SEOプラグインの初心者にもわかるシンプルな使い方をご紹介したいと思います。

Yoast SEOプラグインは多くの機能があってめっちゃややこしいんですが、
僕は1個の機能しか使っておりません。
それはメタディスクリプションの編集です。

WordPressの検索結果

WordPressは通常、記事を書いて公開してもメタディスクリプション(HTML上に表記されるもの)が生成されません。
さらに検索結果のタイトル下にあるスニペットが生成されず、記事の冒頭から抜粋される形で表示されます。

このスニペットは検索結果にも間接的に影響しますし、検索ユーザーがアクセスする要因のひとつとなります。
「この記事に自分の答えがある」と思ってくれることでアクセスしてくれるのです。

使い方

WordPressの抜粋

僕はいつも、WordPressのデフォルト状態からある「抜粋」という機能を使って、記事の要約を書いています。

今回はこれと同じ内容をメタディスクリプションに書いてみましょう。

Yoast SEOの使い方

画面右上の「y」の字のボタンをクリックし、[スニペットのプレビュー]をクリックします。

Yoast SEOのメタディスクリプションの書き方

すると、メタディスクリプションの編集を行えるようになります。
ここに先ほどの文章を入れてみましょう。

Yoast SEOの検索結果表示

はい、これでプレビューを見てもわかる通り、スニペットの編集ができました。
これで検索結果に表示されるスニペットが書けましたね。

終わり

関連記事:【シンプル】僕的Google Search Consoleの使い方。使うのはひとつの機能だけ!

WordPressを始めた当初は、デフォルトからあるWordPressの抜粋機能を使えば検索結果のスニペットや、HTML上のメタディスクリプションが書けるものと考えておりました。

ところが違うんですね。

Yoast SEOプラグインは英語圏で開発されており、解説も英語が多いです。
翻訳も進んでいませんし、日本語対応している機能は限られています。

ですから、メタディスクリプションの機能しか僕は使っていません。
でもそれで十分なんです。

SEO的に見ても、検索結果に与える影響度は
タイトル>メタディスクリプション>コンテンツ
です。

Googleが掲げる方針によれば
コンテンツ>タイトル>メタディスクリプション

かもしれませんが、Googleの検索アルゴリズムはGoogle社員ですらわからないものになっているぐらいですから、あまり大小を考えても仕方ありません。

とにかく重要なのはメタディスクリプションがYoast SEOで書けるよということです。

この記事があなたのお役に立てることができれば幸いです。
では今回はこれにて終わります。

コンテンツのSEOについては以下のページが参考になるかと思います。
あと5年は使えるSEOの基本
内容が濃すぎる!沈黙のWebライティングという本を紹介したい

Be First to Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください